【CocoaPods】でライブラリをインストールする方法について

CocoaPodsとは

iOS/Mac向けのアプリを作成する際のライブラリ管理をしてくれるものです。
これがないと自分でGitHubとかからライブラリ取ってきて、プロジェクトに手動で追加したり、大変み作業になります。
それを簡単に管理できるようにしてくれるものがCocoaPodsになります。

今回はターミナルを使用して、ライブラリをインストールする方法を紹介していきます。

CocoaPodsでライブラリをインストールする

1.まずはターミナルを開き、cdコマンドで作成したプロジェクトへ移動します。

2.プロジェクトに移動したら、pod init と入力します。これでpodfileが作成されました。

3.Podfileを書き換えるために、vi Podfile と入力しますと下記のような画面表示になります。この時の”P”は大文字ですので注意して下さい。

4.上記画面で i を入力すると下記画面が表示され、左下にINSERTと表示されます。

5.上記画面の上から6行目 # Pods for 〜の直下に下記のように、導入したいライブラリ名を追加します。今回は「RealmSwift」を導入します。

6.上記画面のように入力を終えた後 esc を押すと INSERT が消えるのでその場所に :wq と入力し Enter を押し、下記画面のように pod install と入力します。

7.上記画面で Enter を押し、下記の画面が表示されるとライブラリのインストールが完了です。

最後に

今回はCocoaPodsでライブラリをインストールする手順についての記事を書きました。

私自身がSwift学習をする中で悩んだことをどんどん発信して行きたいので、記事を参考にしてもらえたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。