【Xcode】新規プロジェクトを作成する方法とGitHubからクローンを作成する方法について

maharu

この記事はXcodeを起動し、新規プロジェクトを作成する方法を紹介する記事です。

動作環境

Item Version
Swift 5.3
Xcode 12.5
Mac macOS Big Sur 11.3.1

プロジェクト作成手順

STEP.1
Xcode起動

Xcodeをインストールすると下記画像のようにアイコンが表示されますので、Xcodeのアイコンをクリックします。

STEP.2
新しいプロジェクトの作成

Create a new Xcode project を選択。

STEP.3
テンプレートの選択

次に、Xcodeプロジェクトのテンプレート選択画面が表示されます。Xcodeには、アプリをより簡単に作れるように、Xcodeプロジェクトのテンプレート(ひな型)が用意されています。これらのテンプレートは、目的別にいくつかのテンプレートが用意されています。

テンプレートは、慣れてくると非常に便利ですが、一部のテンプレートには複雑な処理が書かれているものもあります。そのため、いきなり多機能なテンプレートを使うと、Xcodeプロジェクトの中身を理解するだけでもかなり時間がかかってしまいます。そこで、今回は最もシンプルな Appを選択しNextをクリックしてください。

STEP.4
名前を決める

画像下のSTEPを確認の上、product nameに任意の名前を入れてNextを選択。

Product Name

作成するプロジェクトの名前です。今回は「SampleProject」としました。

あくまでプロジェクト名なのでアプリ名とは関係ありません

Team

個人を含め会社や大学などの組織としてアプリを開発していく際に設定することができます。

ただしXcode以外の操作が必要なので、今回は「None」としました。

Organization Name 組織名を入力しますが、今回はサンプルですので個人のお名前などを入力してください。
Organization Identifier

組織を一意として認識するための名称です。

アプリを公開する予定であれば気をつける必要がありますが、サンプルの場合には適当で問題ありません。

Bundle Identifier

1つ1つのアプリを一意として認識するための名称です。

プロジェクト作成時点では「Organization Identifier」+「Project Name」となりますが、あとで変更することが可能です。

Interface

StoryboardSwiftUIの2つが選べますが、SwiftUIは2019年から始まった新しいフレームワークで、Storyboardを使わない方になりますので、従来通りStoryboardを使用する場合はStoryboardを選択します。

Life Cycle

InterfaceでStoryboardを選択した場合はUIKit App Delegateのみの選択肢になります。SwiftUIを選択した場合はUIKit App

DelegateとSwiftUI Appのどちらかの選択になりますが、生成されるファイルが異なりますので、ご自身にあった方を選択して下さい。

Language

アプリを開発していく言語を選択します。

Objective-CとSwiftを選択できますが、今回はSwiftを選択します。

Use Core Data

チェックを入れておくとアプリ内でCore Dataというデータベースを使用する際に必要なコードを自動で生成してくれます。

今回は使用しないのでチェックは外しておきました。

Include Unit Tests、Include UI Tests

チェックを入れておくとテストを実施する際に必要なコードやプロジェクトを自動で生成してくれます。

今回は使用しないのでチェックを外しておきました。

STEP.5
保存先の選択

①で保存先のディレクトリを選択し、Creatを選択。

STEP.6
新規プロジェクト作成完了

下記の画面に遷移するとプロジェクトの作成は完了となります。

完了

クローン作成手順

STEP.1
URLのコピー

Xcode初心者向けに、GitHubからXcodeにクローン(プロジェクトをコピー)する方法を紹介します。

GitHubのクローンを作成したいページを開き、下記①のCodeを選択し、URL横②のコピーボタンをクリックし、URLをコピー。

STEP.2
クローンプロジェクトを選択
 Clone an existing project を選択。

STEP.3
URLの貼り付け
 上記でコピーしたURLを貼り付け、Cloneを選択。

URL: https://github.com/haru125/BMICalculator.git

STEP.4
 Cloneを選択。

STEP.5
クローンの作成完了
プロジェクトが立ち上がり、コマンドRでシミュレーターをビルドすると下記の画面になり、クローン作成完了となります。

CocoaPods等のライブラリを使用しているプロジェクトも多いと思いますので、必要な場合はpodinstallすることも必要になります。CocoaPodsについての記事についても投稿していますので、参考にしていただけたらと思います。画像下にリンクを貼っておきます。

参考 【CocoaPods】でライブラリをインストールする方法についてharublog
完了

まとめ

初めてXcodeを使用する時にどこを選択して良いのか迷いましたので簡単にまとめてみました。簡単なアプリの作成手順も順次投稿していきたいと思っていますので、自分自身の備忘録と皆さんの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です